ハイオク

| 未分類 |

 

 

ハイオクとは正式名称として、高オクタン価ガソリンと呼ばれています。名前の通り、レギュラーガソリンよりオクタン価の高いガソリjんのことを言います。日本工業規格ではオクタン価が96以上の物と言われていますが、実際に販売している物はオクタン価が98から100の物が多いです。

 

 

特徴として、ノッキングを起こしにくいようになっています。基本的に高オクタン価のガソリンを入れる自動車は輸入車等の高出力エンジンを搭載する自動車では高オクタン価のガソリンを指定されることが多いですが、日本車の2000ccくらすの自動車ではレギュラーガソリンで問題ないものが多いです。

 

また、レギュラーガソリンと比べて高価なためレギュラーガソリンの代わりに入れようと思われる方もいると考えられます。しかし、エンジンには特に悪影響を及ぼすことはありませんが、だからといって燃費やパワーが向上することはまずないでしょう。これは、レギュラーガソリンを入れることを前提とした自動車はそもそもノッキングが起こらないように設計されているためです。

 

そのため、高価なだけで特にメリットはないでしょう。ただし、逆の場合はエンジン火災や故障につながるため避けた方が無難です。しかし、併用が可能な車種であれば長期的にはエンジンの故障につながる恐れがありますが、緊急時の短期的措置であるならば問題ないことが多いです。