オイル交換

| 未分類 |

 

 

オイル交換というのはエンジンに使われているエンジンオイルの交換のことです。車の仕組みをあまり知らない人は車が走るのにガソリンが必要ということは知っていても、このエンジンオイルという存在を知らない人もいます。そこで、ここではエンジンオイルについて簡単に説明します。

 
このエンジンオイルというのは油なのですが、エンジンの部品が動くときになめらかに動くように摩擦が発生しないようにする油です。油は滑るといったようなイメージはあると思いますが、その滑ることを利用して、部品が動くときに、接触する部分に油をいれておくことで、その部分の摩擦をできるだけ少なくすることができるのです。

 
このエンジンオイルは使っているとだんだんと劣化してきますし、なくなってきますので、補充が必要になります。これがオイルの交換ということになるわけです。この交換は個人でもできますが、最近では車を購入したところのディーラーで交換をしてくれることが多くなっています。ディーラー側はそこで手数料などももらえます。そのため車の保有者でエンジンオイルの交換といったものがどういうものなのかがわからないといった人がでてくる要因ともなっているというわけです。